電気料金節約のエレソル、スマホ料金節約の楽天モバイルなど、節約に役立つ会社を調べてみました。

節約に役立つ会社を調べてみました。

未分類

掃除機の節電をしよう

投稿日:

掃除機も小さい子がいる家庭なら毎日のようにかけるのではないでしょうか。掃除機は消費電力が意外と高いので電気代が多くかかってしまいます。そこで、少しでも掃除機の消費を少なくするための方法を紹介したいと思います。

まず、一番大切なのは床にあるものを片付けてから掃除機をかけるという事です。特に小さいお子さんがいる家庭では床におもちゃが散らばっているのに掃除機をかけている場合もありますよね。そうすると床にあるものを移動しながら掃除機をかけることで、ものを移動しているときも掃除機の電源をいれっぱなしになっているため電力を余分に消費してしまいます。ですので、まずは床にあるものを片付けて何もない状態にしてから掃除機をかけるようにしましょう。

理想は掃除機を一度かけたら止まることなく一気に掃除機をやり終わることです。そして、フィルターをマメに掃除することも非常に重要です。フィルターを掃除しないとゴミがたまり目詰まりを起こしてしまうのでその分、吸引力が下がってしまいます。吸引力が下がれば効率が悪くなるので、結果的に電気をたくさん消費する事になります。フィルターがついている掃除機は最低でも週に1度は掃除をしてゴミによる目詰まりを防ぐことが大切です。また、掃除機には吸引力の設定が強や弱など設定できますよね。

当然強の方が電気の消費が高いのですが、その消費量は弱の3~4倍と言われています。汚れ具合によって設定を変えると少しでも消費電力を抑えることが出来ます。汚れ具合によりますが、基本的には中や弱でもゆっくり丁寧に掃除機をかければ十分に汚れを取る事ができます。特にフローリングや畳は掃除機がゴミを吸い取りやすい部分のため消費電力が弱でも十分掃除できますよ。

また、カーペットを敷いていないフローリングならモップやほうきを利用する事も節約につながります。特に部屋の隅など掃除機では行き届きづらいような場所を掃除機で無理して掃除すると余分な電力がかかってしまうので、細かい部分はほうきなどべつものを使って行なうと良いでしょう。

このように掃除機の節電方法を紹介しました。少しの工夫で電気を出来るだけ使わないようにすることが可能です。今まで何も考えずに掃除機を使っていた人は消費電力を考えて使ってみる事をおすすめします。特に毎日使っている人は少しの工夫で電気代をかなり抑えることが出来ますよ。上記を参考にしてさっそく実践してくださいね。

-未分類